インドネシア、スマトラ沖地震のインドへの影響
戻る
この記事は原文を機械(自動)翻訳したものを手を加えず日本語で追記しております。
そのためおかしな言い回しもありますが、正式なコメントは英文が正となりますことご了承ください。


5人の核科学者を含む56人が死亡:Kalpakkam原子力発電所近辺の津波被害 
Kalpakkam発電所はなぜ津波の被害を最小限に食い止めたのか? 
FUKUSHIMA後に当時の状況を改めて確認したい。
この文章は下記のインタビューをコピーしたものである。

The Rediff Interview/Nuclear expert L V Krishnan
Rediffインタビュー/核兵器の専門家L Vクリシュナン氏

以下文章


No tsunami effect on nuclear plant
原子力工場に対する津波影響でない

January 07, 2005
2005年1月7日


In these difficult hours in South Asia after the deadly tsunami, there is something to be proud of for India.
致命的な津波の後の南アジアのこれらの難しい時間には、インドのために誇りに思う何かが、あります
It's time to acknowledge the achievement of Indian scientists who designed and built the Kalpakkam nuclear power reactors without foreign assistance. The nuclear station withstood the devastation of the Big Wave because it is not even imaginable what would have happened had the tsunami damaged the two nuclear power units situated on the shore.
外国の援助なしでKalpakkam原子力原子炉を設計・構築したインドの科学者の業績を認める時間です。原子力駅はBig Waveの荒廃に耐えました、それが均一でない、考えられる、起こったことは津波をある2つの核パワーユニットに損害を与えておきました岸。
L V Krishnan, former director, safety research and health physics at the Indira Gandhi Centre for Atomic Research at Kalpakkam, explains how the great disaster was forestalled because of scientific planning.
大きな災害がどのように科学的な計画のため、前もって対処されたかについて、L Vクリシュナン(KalpakkamのAtomic Researchのためのインディラ・ガンジー・センターの前ディレクター、安全研究と保健物理学)は、説明します。
A veteran of the Department of Atomic Energy for 40 years, he retired from Kalpakkam nine years ago and is a well-known safety expert on nuclear plants. For many years, Krishnan, has been closely associated with the Kalpakkam nuclear power generating plants. He continues to advise DAE in selective matters. He visited Kalpakkam immediately after the tsunami hit the town killing 56 people including 5 nuclear scientists.
40年間のAtomic Energy部のベテラン、彼は9年前Kalpakkamを引退して、原子力工場の有名な安全専門家です。長年、クリシュナンは、植物を生み出しているKalpakkam原子力と密接に関係していました。彼は、選択的な問題でDAEを助言し続けます。津波が5人の核科学者を含む56人を殺している町に打撃を与えた直後に、彼はKalpakkamを訪問しました。
In an interview to Senior Editor Sheela Bhatt, he not only gives his account of how the Kalpakkam nuclear power plant withstood the tsunami but also suggests how India's nuclear assets can be protected in the case of a similar disaster.
シニアEditor Sheela Bhattへのインタビューにおいて、彼は、Kalpakkam原子力発電所がどのように津波に耐えたかという報告をするだけでなく、インドの核資産がどのように類似した災害の場合保護されていることができるかについても提案します。
Was a tsunami taken into consideration when the Kalpakkam nuclear power reactors were being built?
Kalpakkam原子力原子炉が造られていたとき、津波は考慮に入れられましたか?
No, tsunami was not taken into consideration. Nowhere in India people had thought a tsunami could strike the Indian coasts. But we had taken into account the worst cyclonic storm surges. Before a cyclone hits, a storm surge comes. We had provided for the worst cyclone that could hit the coast looking at historical statistics.
いいえ、津波は考慮に入れられませんでした。インド人々のどこにも、津波がインドの海岸をたたくことができると思いませんでした。しかし、我々は最悪のサイクロンに似た暴風による高潮を考慮しました。サイクロンが打つ前に、暴風による高潮は来ます。我々は、歴史の統計を見ている海岸を攻撃することができた最悪のサイクロンの準備をしました。
The maximum water level that could be expected if the cyclonecoincided with highest of high tides was estimated at 6 metres or so. The Kalpakkam plant site is built to withstand that. The construction of Kalpakkam began in about 1968 but it was completed in 1983 because around 1974 outside help was discontinued and we found that we will have to build the plant indigenously and that took some time.
高い流れの最高のものでcyclonecoincidedされたものは6メートルほどと推定されるならば、予想されることができる最大の水位。Kalpakkam設備地域は、それに耐えるために造られます。Kalpakkamの建設はおよそ1968年から始まりました、しかし、およそ1974年の外側の援助がやめられたので、それは1983年に完了されました、そして、我々は土着して工場を建設しなければならないとわかりました、そして、それはかなりの時間がかかりました。
The first unit of Kalpakkam was commissioned in 1983 and the second was commissioned in 1984. Since then, it is functioning extremely well.
Kalpakkamの最初の単位は1983年に依頼されました、そして、第2は1984年に委任されました。それ以来、それはとてもよく機能しています。
The tsunami storm surge that we saw on that day was not much more than that, in fact it (intensity of tsunami storm surge) was less than that!
我々がその日に見た津波暴風による高潮はそれほどそれ以上でありませんでした、実際、それ(津波暴風による高潮の強さ)はそれより少なかったです!
Really?
本当に?
Yes. These nuclear reactors, for cooling purposes, draw water from the sea; that is why they are located in the coastal area.
はい。これらの原子炉は、目的を冷やすために、海から水を得ます;それは、彼らが沿岸地域にある理由です。
In Kalpakkam, half a kilometre into the sea there is a huge well that has been dug. That well is connected to another well on the shore on land. These two wells are connected by an under seabed tunnel. As the storm surge comes in and the water level rises in the well in the sea, the level of water also rises in the well on the shore.
Kalpakkamに、そこの海への半キロメートルは、掘られた巨大な井戸です。それは、土地の岸で、よいもう一つに、よく接続しています。これらの2つの井戸は、下の海底トンネルのそばにつながれます。暴風による高潮が入る、そして、水位が海の井戸に上がって、水のレベルも岸の井戸に上がります。
The moment the water level rises beyond prescribed limits in the well on the shore, the seawater pump trips. The moment it trips the operator sitting in the control room knows that something is wrong and he trips the reactors.
水位が岸の井戸における定められた限界を越えて上がる瞬間、海水ポンプはつまずきます。それがつまずく瞬間、制御室に座っているオペレーターは何かが間違っているということを知っています、そして、彼は原子炉を妨害します。
Even before the wave hits the shore, I would say, that the reactors were shut down. Imagine if the waves would have been higher than what was anticipated by planners and if they would have come in, then, what would have happened to the reactors? Nothing at all.
波が岸を襲う前にさえ、私は原子炉がシャットダウンされたと言います。波がプランナーによって予想されたことより高かったかどうか、そして、それから、彼らが原子炉に起こったことで来たかどうか想像します?すべての何もない。
The well in the sea and well on the shore are also connected by a jetty. On the shore there is a horizontally spread building that has turbines installed inside. Behind the turbine building lie the domes of two reactors. Even if the tsunami watershad come in they would have hit the turbine building first, not the reactors. And the reactor buildings have walls that are one metre thick (http://www.npcil.org/maps.asp). So even if waves had affected the site, sea water simply could not have enteredthe reactors. The reactors are pretty safe. It so happened that this time the water didn't even enter the turbine building. Even the turbine building is so designed that the ground level is sufficiently raised to withstand earthquakes and storms.
海で、そして、よく岸で健康なものは、埠頭のそばにもつながれます。岸で、タービンを中に設置しておく水平に広げられた建物が、あります。タービン建築の後に、2台の原子炉のドームが、あります。たとえ津波watershadが入るとしても、彼らは最初(原子炉でない)を造っているタービンを打ちました。そして、原子炉ビルディングには、厚さ1メートル(http://www.npcil.org/maps.asp)である壁があります。それで、たとえ波がサイトに影響を及ぼしたとしても、海水は単にenteredthe原子炉を持っていることができませんでした。原子炉は、かなり安全です。たまたま今度は、水はタービン・ビルディングにさえ入りませんでした。地上が地震と嵐に耐えるために十分に上がるように、タービン・ビルディングさえ設計されます。
Also, all our reactors have a buffer zone of one-and-a-half kilometres between residential localities and the reactor building. If that buffer zonehad existed in Bhopal, the death toll would not have been so high. I know from my experiences that district collectors are worried more about oil refineries than the nuclear reactors' safety measures.
また、すべての我々の原子炉は、住宅場所と原子炉建築の間で1.5キロメートルの緩衝地帯を持ちます。その緩衝zonehadがボパールの中に存在するならば、犠牲者数はそれほど高くなかったでしょう。地区コレクターが原子炉の安全対策より精油所について心配するということを、私は経験から知っています。
What were the reasons for the high number of casualties in Kalpakkam?
Kalpakkamの犠牲者の高い数の理由は、何でしたか?
The casualties were not at the plant site at all. The causalities were in the township. In the construction of the township we have not taken into account all of these things.
犠牲者は、まったく設備地域にいませんでした。原因は、郡区にありました。郡区の建設において、我々がこれらの全てを考慮したわけではありません。
Why?
なぜ?
We had no fears of radiation there. Second, as I said we had not anticipated a tsunami. As far as a cyclone is concerned, one always gets advanced warning. But in the case of a tsunami if you don't have any advanced warning, the sea comes in silently. Many more people would have died if the tsunami had hit at 5 am instead of 9 am.
我々には、そこの放射線の恐れがありませんでした。第2には、私が言ったように、我々は津波を予想しませんでした。サイクロンに関する限り、人は常に先進の警告を得ます。しかし、あなたにはいかなる先進の警告もないならば、津波の場合、海は黙って入ります。津波が午前9時の代わりに午前5時に打ったならば、より多くの人々は死んだでしょう。
What kind of earthquakes did you take into account when the final designs were made?
最終的なデザインが作られたとき、あなたはどんな地震を考慮しましたか?
All earthquakes don't cause tsunamis. Certainly we didn't take into account earthquakes of a magnitude of 8 or more. While planning, we take more into account the earthquakes on land. We thought the fault line near Indonesia is quite far away from the Indian coast. Also, historical statistical data didn't suggest that a magnitude of 9 is a possibility and we didn't anticipate it.
すべての地震によって、津波が起きるというわけではありません。確かに、我々はマグニチュード8以上の地震を考慮しませんでした。計画の間、我々は土地でより地震を考慮に入れます。インドネシアの近くの断層線がインドの海岸から全く遠く離れていると、我々は思いました。また、歴史の統計データはマグニチュード9つが可能性であることを示唆しませんでした、そして、我々はそれを予想しませんでした。
After this eventI have read only two reports on the historical data of tsunami in the Indian context. R N Iyengar, professor at the Indian Institute of Science, said on November 28, 1945, Pasni, a trading town about 100 kms from Mekhran, was washed away by a wave of about 15 meters, after an earthquake measuring 6.7 on the Richter scale hit the coast which is now in Pakistan. But that could not have been the basis of our designers in Kalpakkam. Another report claimed that a tsunami once hit some parts of Bangladesh.
このeventIが読んだあと、わずか2人はインドの前後関係で津波の歴史のデータを報道します。R Nアイアンガー(インドのサイエンス学会の教授)は1945年11月28日に言いました、リヒタースケールで6.7を計っている地震が現在パキスタンにある海岸を攻撃したあと、Pasni(Mekhranから100kmについての取引町)はおよそ15メートルの波によって流されました。しかし、それはKalpakkamの我々のデザイナーの基礎ではありえませんでした。もう一つのレポートは、津波がかつてバングラデシュの一部地域に打撃を与えると主張しました。
Is Kalpakkam absolutely safe after the tsunami?
Kalpakkamは、津波の後全く安全ですか?
It is safe. I visited the plant site two days after the tsunami hit us. Water had come in some places but it had just wet the ground. It didn't enterthe building, it came just outside it. There are two reactor units in the Madras Atomic Power Station at Kalpakkam. One unit was already shut down for maintenance and the other was operating and the sea water pump house of that unit had registered the higher level of water.
それは安全です。私は、津波が我々に打撃を与えた2日後に、設備地域を訪問しました。水は一部で来ました、しかし、それは地面をちょうど湿ったようにしました。enterthe建設でないのがそうしました、それはそれの外側にちょうど来ました。2つの原子炉単位が、Kalpakkamでマドラス原子力ステーションにあります。1つの部門はメンテナンスのためにすでに閉鎖されました、そして、他は動いていました、そして、その単位の海水ポンプ室は水でより高水準ものを登録しました。
Adjacent to the Madras Atomic Power Station a new fast breeder reactor is under construction. To make such vital buildings withstand earthquakes, first a large concrete base mat is built. So if the structure moves it will move all together without getting cracked. On the location of the fast breeder reactor they had dug up a huge area several metres below the ground level for the base mat. Sea water have flooded that place. Now, they will have to pump out the waters and start construction again.
マドラスAtomic Power駅に隣接して、新しい高速増殖炉は工事中です。そのような不可欠な建物を地震に耐えさせるために、最初に、大きな具体的なベース・マットは、造られます。それで、構造が動くならば、それは気が変になることなく一斉に動きます。高速増殖炉の位置で、彼らはベース・マットのために地上数メートル下で、巨大な地域を掘り起こしました。海水は、その場所に氾濫しました。現在、彼らは海を大量に送り出さなければならなくて、再び建設を始めなければなりません。
The operator of the operating nuclear reactor unit was alert which saved the situation. Right? What about the people in the pump house?
操作の原子炉単位のオペレーターは、状況を収拾した警報でした。正しく?ポンプ室で人々はどうですか?
There is no need to have operators present in the pump house all the time. Once the water level goes up there are water level indicators that trip the pump. And once the pump trips the reactors have to be shut down. As the water level rose in the well on the shore, the pump tripped and the operator saw it and he tripped the reactors. Theoperator's action is automatic.
常にポンプ室に出席しているオペレーターを持つ必要が、ありません。一旦水位が上がるならば、ポンプを妨害する水位指標があります。そして、一旦ポンプがつまずくならば、原子炉はシャットダウンされなければなりません。水位が岸の井戸に上がったので、ポンプはつまずきました、そして、オペレーターはそれを見ました、そして、彼は原子炉を妨害しました。Theoperatorの行動は自動です。
How is the situation at the Kudankulam Atomic Power Project?
Kudankulam原子力プロジェクトの状況は、どうですか?
I have not been there but Mr S K Jain, chairman and managing director of the Nuclear Power Corporation of India, was present at Kudankulam when the tsunami struck. The Kudankulam Atomic Power Project is under construction with the help of Russian scientists and he said the same thing -- that none of the building is affected.
私はそこにいませんでした、しかし、S Kジャイナ教徒氏(インドのNuclear Power社の会長と常務)は津波が襲ったKudankulamに存在しました。Kudankulam Atomic Power Projectはロシアの科学者の助けを借りて工事中です、そして、彼は同じものを言いました−建築のそんなに何も影響を受けません。
If somehow the water had entered the turbines building what would have happened
どうにか、水は、起こったことを構築しているタービンに入りましたかどうか
In the turbine hall there is no radioactivity. The turbines are at a high level. Waters could only enter in the condensers and not in turbines. Now, if any part of the entire system is affected reactors will automatically shut down. And once the reactors stop functioning there is no risk.
タービン・ホールで、放射能がありません。タービンは、高水準にあります。海は、コンデンサーで、そして、タービンでなく入ることができるだけでした。現在、全システムの部分が影響を受けるならば、原子炉は自動的にシャットダウンします。そして、一旦原子炉が機能するのを止めるならば、危険がありません。
And if tsunami waves would have entered the nuclear reactors building, then?
そして、それから、津波波が原子炉ビルディングに入ったならば?
There is no way waters could get into the reactors buildings. The reactor will shut down automatically before water enters the building. The in-built system is such. We know nature is mighty. But we know the upper limit of what all nature can do. At least we can estimate. I agree scientists didn't anticipate a tsunami so the devastation has followed. Butthe cyclone was well anticipated and was taken into account. We anticipate something and then built the building. In Japan earthquakes are common but their nuclear reactors are safe and ongoing because of their designs of structures. Because man can anticipate safety is possible.
海が原子炉ビルディングに入ることができた方法が、ありません。水が建物に入る前に、原子炉は自動的にシャットダウンします。ビルトイン・システムは、それです。我々は、自然が強いということを知っています。しかし、我々は、すべての自然がすることができることの上限を知っています。最も我々が推定することができないAt。私は、荒廃があとに続いたように、科学者が津波を予想しなかったことに同意します。Buttheサイクロンはよく予想されて、考慮されました。我々は何かを予想して、そして、建物を建設しました。日本では、地震は一般的です、しかし、彼らの原子炉は構造の彼らのデザインのため、安全で進行中です。人が予測することができるので、安全は可能です。
But we cannot even think of a scenario if a tsunami had hit it badly.
しかし、津波がひどくそれを襲ったならば、我々はシナリオについて考えることさえできません。
Yes. We too think like laymen and ask questions. Somebody designs the reactors. Another group builds it. And another group which is independent of it keeps asking questions as you do. What if the instrument fails? What if the operator makes mistakes? What if the back-up system fails too? We make sure that even if all these errors occur together the reactors will not release radioactive material.
はい。我々も素人のようであると考えて、質問をします。誰かは、原子炉を設計します。もう一つのグループは、それを造ります。そして、あなたがそうして、それから独立しているもう一つのグループは質問をし続けます。器具が失敗するWhatもしも?オペレーターが間違いをするならば、どうですか?バックアップ・システムがまた失敗するならば、どうですか?たとえすべてのこれらのエラーが一緒に発生するとしても、原子炉が放射性物質を放出しないことを、我々は確認します。
Since the tsunami has hit India so badly that doubts keep rising about the safety issue?
津波がとてもひどくインドに打撃を与えたので、その疑いは安全問題のあたりを上がり続けます?
The tsunami has hit India in the most vulnerable part. But if you are well protected you are safe. It so happened that our plants were well protected but our township was not so we lost 30 people. We didn't anticipate a tsunami but we anticipated a cyclone of this nature and it helped us tremendously. This time the velocity of water may not be as much as it is during cyclones but the volume of water was tremendous. See, the cyclone will have much higher wind speed as well. In Kalpakkam,the massive turbine buildingis able to protect the reactors.
津波は、最も弱い部分でインドに打撃を与えました。しかし、よく保護されているならば、あなたは無事です。たまたま、我々の植物はよく保護されていました、しかし、我々が30人を失ったように、我々の郡区はそうでありませんでした。我々は津波を予想しませんでした、しかし、我々はこの自然のサイクロンを予想しました、そして、それはものすごく我々を助けました。今度は、水の速さはそれがサイクロンの間、あるほど多くのものでない場合があります、しかし、水量はものすごかったです。確かめてください。サイクロンは同様に非常により高い風速を持ちます。原子炉を保護することができるKalpakkam,the大きいタービンbuildingisで。
I can assure you on the safety of Kalpakkam because often I am asked to assess the safety by the Atomic Energy Regulatory Board. I cannot afford to be lax on safety issue. I have to speak honestly.
しばしばAtomic Energy Regulatory Boardによって安全を評価するよう頼まれるので、私は安全に関してあなたにKalpakkamを保証することができます。私は、安全問題に関していい加減なことができません。私は、正直に話さなければなりません。
I don't see any problem at Kalpakkam in the post-tusnami period too. I don't know however, what will be the case if an earthquake of magnitude 10 occurs in the Sumatra region. It is not enough to anticipate an earthquake, it is not enough to predict that an earthquake can cause a tsunami. It is also necessary to find out the impact of the tsunami along the coastline.
私は、ポストtusnami期間にも、Kalpakkamで少しの問題もわかりません。しかし、私は知りません、マグニチュード10の地震がスマトラ地域で生じるならば、ケースは何ですか。それは地震を予想するのに十分でありません、それは地震によって津波が起きることがありえると予測するのに十分でありません。海岸線に沿って津波の影響を発見することも、必要です。
If you have an earthquake there, its effects may not be uniform everywhere on our coast. Along the coastline the depths of the sea are different. At some places sand gets piled up forming contours. The depths can be shallow there. The energy of the tsunami waves can be focused differently at particular point because depth varies along the coastline.
あなたが地震にそこで襲われるならば、その影響は我々の海岸で至る所で均一でない場合があります。海岸線に沿って、海の深さは、異なります。若干の場所で、砂は輪郭をつくって積み上げられます。深さは、そこで浅くありえます。深さが海岸線に沿って異なるので、津波波のエネルギーは特定の点で違って集中することができます。
In India's coastline, the intensity of the tsunami is variable at different points along the coastline. Now, it is important to find out if there is likelihood of magnified impact because of the contourof the seabed underwater.Now the measurement of depth in the sea is necessary.
インドの海岸線では、津波の強さは、海岸線に沿った異なる点で様々です。現在、高められた影響の見込みがcontourofのため、あるかどうか知るために、それは重要です海底海の深さの測定値がそうであるunderwater.Now必要です。
The bathymetric data of the sea ahould be available. We need to have it now to estimate wave heights and design accordingly. India will have to measure the depth of the sea and contours on the seabed. Then, we will be able to project the severity of waves and its impact at any particular point.
海ahouldの測深データは、利用できます。我々は、それに応じて波高所とデザインを推定するために現在それを持つ必要があります。インドは、海底で海と輪郭の深さを計らなければなりません。それから、我々はどんな特定の点ででも波とその影響のひどさを推定することができます。
What will be your advice for the other power plants now?
他の発電所のためのあなたのアドバイスは、現在何ですか?
I am sure the Atomic Energy Regulatory Board will begin a review of the safety aspects. It is their objective. Every event of the country where unforeseen things have occurred, they assess and take corrective steps if necessary.
Atomic Energy Regulatory Boardが安全面のチェックを開始すると、私は確信します。それは、彼らの目的です。思いがけないものが起こった国のあらゆるイベント、彼らは必要に応じて補正処置を評価して、とります。
Even in our reactors when some surprises are noticed or when some component fails, immediately we shut down all other reactors which may have similar components. Only when we have understoodwhy it failed, we restart the reactors. This is a common practice, everywhere in the world.
若干の思いもかけないことが気がつかれるとき、あるいは、若干の構成要素が失敗するとき、我々の原子炉においてさえ、すぐに、我々は類似した部品を備えているかもしれない他の全ての原子炉をシャットダウンしました。それが失敗したunderstoodwhyを持つ時だけ、我々は原子炉を再開します。至る所で世界で、これはよくあることです。
In this case, an earthquake ofmagnitude9 will have to be taken into account. The mean return period of earthquakes of these magnitudes will be calculated. If something is likely to happen in the next thousands years we take that into account.
この場合、地震ofmagnitude9は考慮されなければなりません。これらの大きさの地震の中間の戻り段階は、計算されます。何かが次の数千年に起こりそうであるならば、我々はそれを考慮に入れます。
But something is likely to re-occur in say the next 5,000 years, you have to give less importance because somewhere you have to draw a line. On the basis of historical data, we will have to project the future of tsunami re-occurrences and also have to look at the possibility of an earthquake measuring 9.5. This is called extreme value analysis.
しかし、何かまあ次の5,000年で再発生しそうです、どこかで線を描かなければならないので、あなたはより少ない重要性を与えなければなりません。歴史のデータに基づいて、我々は津波再発生の将来を計画しなければならなくて、そのうえ9.5を計っている地震の可能性を見なければなりません。これは、最大の価値分析と呼ばれています。
As I told you we will have to take into account seabed contours and its effect on the tsunami wave height. I am sure AERB will re-examine seismic designs of all the vital structures. Importantly, we will have to review the communication network.
私が我々が海底を考慮しなければならないとあなたに話したように、輪郭と津波に対するその影響は高さを振ります。AERBがすべての不可欠な構造の地震のデザインを再検査すると、私は確信します。重要なことに、我々はコミュニケーション・ネットワークを見直さなければなりません。
Meanwhile, what we can do best is to observe also the movement of the seabed. There we should have buoys that have sensors on the seabed. If the seabed sensors move up because of earthquakes then they immediately relay the information to you. We don't have this system yet.
一方、我々が最もすることができることは、また、海底の変化を観察することです。そこで、我々は、海底でセンサーを備えているブイを持っていなければなりません。海底センサーが地震のため、上がるならば、彼らは情報をあなたにすぐにリレーします。我々には、まだこのシステムがありません。
We should also be prepared for the events we cannot anticipate. We didn't anticipate a magnitude of 9. It's a huge earthquake. The fault lines off Sumatra extend from 2 degree to 10 degree north latitude. All along the fault line there is a disruption. It's mind-boggling. Nobody disputes that nature is superior to man but preparedness is possible. Safety is a question of attitude. When I visited Kalpakkam, scientists were happy that the design has withstood the tsunami and the reactors could be brought back in line. They had full faith in their own systems.
我々は、予想することができないイベントの覚悟ができていなければならなくもあります。我々は、マグニチュード9を予想しませんでした。それは、巨大な地震です。スマトラ沖の断層線は、2度から10度北の緯度に及びます。そこの断層線に沿ったすべては、混乱です。それは肝をつぶすようです。誰も、自然が人より優れていない、しかし、準備が可能であるということに異議を唱えます。安全は、態度の質問です。私がKalpakkamを訪問したとき、デザインが津波に耐えた、そして、原子炉が一列に戻されることができたので、科学者は満足でした。彼らには、彼ら自身のシステムに対する完全な信頼がありました。