インドの奇祭 (2011.08.06. Chennai にて)
戻る



全身に針を刺し、頬にも金属棒を貫通させ
神への信仰の深さを表現する。


苦痛か恐怖なのか行進中に倒れる人も



頬に刺した金棒の他、レモンを体に下げるが
レモンには鈎針があり、重みで痛さが増す、
レモンの数が多いほど痛さも増すことになる


女性も頬に金棒を刺したり、舌へも刺す


神様の衣装を着た女性が金棒を一気に刺す
金棒は径が6mm程で長いものは3mにも登る
刺された金棒は歯で食いしばるので
見てるほうも知らず知らず歯を堅く噛みしめてしまう


一気に頬を貫通させると家族などは悲鳴をあげるが
友人達は大きな掛け声で彼らを励ます
不思議なのは一滴も血が見られないことと
レモンの鈎針やこの金棒、ハリネズミの矢などはもちろん
刺される体や刺す側も
一切消毒などしていない
白い灰を塗るだけである

動画へ
体に金属棒をさす危険な祭りの画像です。
気分を損ねることもありますので十分覚悟して入ってください。