ポロタを作る過程 捕らえました。この過程においしさの秘密があります。

ポロタはうすーく、うすーく伸ばす、この作業見てるのも楽しい。

焼きあがったら熱いうちに手で何回も叩いて生地をほぐします。(写真下) もしあなたの前に出されたポロタがほぐされてないときはクレームつけます。 もっと叩け、って。
でもこの叩く作業は見ているだけでも熱そうです。
 叩かなかったり、時間の過ぎたポロタは硬くなってほぐれず、おいしさ半減。
ぜひ作り立てを確認して注文してください。

食べる時はこのほぐされた生地を、更にほぐし適当な大きさにちぎってカレーと練りあわせて食べるのがこつです。

(チキン/マトン)カレーを付けて食べるのと練って食べるのとでは練って食べたほうが2倍以上食感楽しめます。
練れば練るほど、トロののど越しが得られます。
 羊の脚を煮込んだパヤというカレーとの組み合わせは、思わず笑い顔になるほど最高級な組み合わせ味になります。
 

戻る