Shef Tacker's Corner.

されどチーズ
おいしいパンの保存方法に続いて
 是非、チーズの保存方法を教えてください。
 
  こんな意見がタッカーシェフに寄せられました。
チーズを買いましたが、中には高いチーズもあって一気に食べてしまうのは勿体ないと思います。
パックから出した後の保存と使い勝手の良い保管方法があれば、チョビチョビ やりながら何回かに分けて食べられるのですが? (チーズでワインを楽しみたい人より))
 
こんにちわ!

チーズですね。チーズなら任せてください。
チーズにはたくさんの種類があり、性格もことなるので
種類により保存方法も異なります。

大きく分ければナチュラルチーズとプロセスチーズに分けられます。

プロセスチーズは加熱加工してあるものなので、
ラップできっちりと包み乾燥を防いで、
冷蔵庫で保存すればOKです。

ナチュラルチーズは6タイプに分けると、
フレッシュタイプ、白カビタイプ、青かびタイプ、ウォッシュタイプ、シェーブルタイプ
セミハードタイプハードタイプです。
 
フレッシュタイプ・・・・クリームチーズ、マスカルポーネ、カッテージチーズ、モッツァレラ等
作りたて程おいしいチーズチーズです。出来るだけ早く食べきり残りは
ラップ包みで冷蔵庫または、オイルとハーブに
つけこみ料理に使うのもよいです。
 
白カビタイプ・・・・カマンベール、ブリー等
やわらかいタイプは、切り口にアルミホイルなどで流れ止めをし、
タッパー等の密閉容器に入れて野菜室で保管。
ラップで包む場合はふんわりとくるんで下さい。
少し古くなってしまったら粗く切って生クリームとともに加熱して
パスタにからめて食べるとおいしいです。
 
青カビタイプ・・・・ブルーチーズ、ロックフォール、スチルトン、ゴルゴンゾーラ等
水分が出やすいのでこまめなラップ交換が必要です。
出た水分はキッチンペーパーでふき取って下さい。
光に弱いのでラップの上からアルミホイルをかぶせて下さい。
これも冷蔵庫の野菜室で保管。
残ったら細かく切ってドレッシングに入れてサラダにかけると美味。
バターと練ってディップ状にし、生野菜や
パンに載せて食べる方法もグーです。
 
シェーブルタイプ・・・・ヤギの乳のチーズ、サントモール、クロタン、ピラミッド等
水分が多いチーズなので、ラップできっちり包むと蒸れてしまうので、
クッキングペーパー等で包むといいでしょう。
 
ウォッシュタイプ・・・・ポンレベック、リヴァロ等
においの強いチーズが多いので、密閉容器に入れて、
他の食品に匂いが移らないようにします。
ブランデーやマール、カルバドス等蒸留酒を浸した
キッチンペーパーで包むと日持ちが良いです。
 
セミハード、ハードタイプ・・・・ゴーダ、マリボー、グリエール、チェダー、パルミジャーノ等
ピザやチーズフォンデュ、とろけるタイプで料理で一番使われるチーズです。
薄く切ってそのまま食べたり、粉チーズにするもの
もあります。カビがつきやすいのでラップでしっかり包み、
冷蔵庫で保管。ピザ用のシュレッドタイプは冷凍も可です。
カビがついた場合はその部分だけ取り除けば問題ありません。
 
ナチュラルチーズは買ってからも、熟成が進みますので早めに食べましょう。

また一度カットしたものは、それ以上おいしく熟成するこはありませんので、
上手に保存して、早めに使い切ってください。
冷蔵庫に忘れてしまった、ということが無いようにね。

では、また。


されど パン へ