Discovery India


アイダプジャ 10月の行事 
   マイソール : イギリス軍に最後まで抵抗し、屈しなかったチープスルタン王の居城のある街
   インド人の京都のような存在と聞いた。
 

偶然,居合わせて写した一枚   マイソール宮殿



 この写真は、アイダプジャと呼ばれる道具に感謝するお祭りの日、マイソールで撮った写真である。

日本ではフイゴ祭りと呼ばれ、かまどや包丁、金づちなどの道具に感謝する日だ。

大きなものは牛車や自動車にまで感謝をささげる。

その祭りにあわせてこの期間、10月から11月にかけてその期間のみライトアップするそうだ。

この写真は、旅の途中で偶然通りかかってチャンスをものにした写真、

お祭り最後の日、消灯時間直前に撮ったもの。

この日、西から車でマイソールに移動中、かなり遠くで宮殿の明かりが目に入った。

「あれは何だ!」、、から始まって通行人などの情報を集めたところ、

今日がその祭りの最終日で、もうじき消灯になるとの事であった。







アンバッサダーと呼ぶインドの代表的な車にのって、マイソールめがけて移動中

そろそろ目的地に着きそうだというところだった。

暗闇に浮かぶライトアップは遠くからでもまばゆかった。

それがアユダプジャというお祭りの最後の日のイルミネーションだった。

それも消灯間近にカメラに収められたのは幸運だった。

         

  

戻る